葉酸サプリメントとは > 葉酸サプリメントと食事性葉酸の違いと特徴

食事性葉酸の特徴・葉酸サプリメンとの比較

葉酸サプリメントと食事から摂れる葉酸は少し違いがあります。一般的に葉酸サプリメントに含まれる葉酸は「モノグルタミン酸型」の葉酸と呼ばれ、食事から摂れる葉酸は(食事性葉酸:ポリグルタミン酸型)と呼ばれく区別されています。名前は似ていますが成分の結晶状態が異なります。

名称や物質の違いよりも、体内でどような働きをするかが重要なポイントとなりますが、この2つの物質において大きく異なる点は体内でどれだけ吸収され利用出来るかと言う点です。これは一般的には「相対生体利用率」と言われるものになります。

イメージとしては葉酸サプリメントよりも食事からの葉酸の方がスムーズに吸収されそうなものではありますが、ここが現代人が葉酸不足になってしまう原因の1つで、食事からでは葉酸は思うように摂取(体内で利用)出来ません。

食事性葉酸は相対生体利用率が50%(葉酸サプリメント:モノグルタミン酸型の葉酸の場合は85%)と言われており、食事からの葉酸摂取の場合は実際に摂取した半分ほどしか体内で利用する事が出来ません。加えて食事性葉酸は水溶性ビタミンと言う事もあり、水に溶けやすい特徴をもっていたり、また加熱にも弱い物質と言うです。そのため食品に含まれている葉酸は調理過程で半分ほど失われると言われております。

つまり、食事性葉酸は調理過程で半分失われ、体内ではさらにその半分が利用されると言う事から、食品にふくまれている葉酸が実際に体内に入って活用されるのは1/4程度となってしまいます。

しかし、工夫次第では食品中の葉酸を上手く摂取する事も可能です。方法としては、食品を調理する際に水洗いを手早く済ませ、極力加熱しないような料理にする事です。サラダやフルーツはその点加熱を避けて美味しく食べる事が可能なのでお勧めです。

中でも、サニーレタスや、アスパラ、ブロッコリーは葉酸が豊富に含まれています。またフルーツでは苺やライチ、マンゴーなどに葉酸が多く含まれていますので、お買い物の際は少し気に留めて置くと良いでしょう。

葉酸サプリメントと食事
葉酸サプリメント選定基準